子育て

おやこで感受性を育む秋遊び

投稿日:

落ち葉が綺麗ですね。見事な紅葉も好きなのですが、カラフルな彩の落ち葉を見るのも大好きで、先日、和泉市の松尾寺に寄りました。


奥に映る紅葉が見える、ここのアングルが大好きです。近くに素敵な場所があることに感謝です。


自然の色ってすごいなーといつも感動してしまいます。微妙な自然の色は絵の具では出せない色ですよね。赤!緑!黄色!とハッキリ正解の無い感じが私Soraは好きで大事にしているので、自然と触れる時間が癒しの時間になっています。

毎年、この時期には おやこはうすSora~空~のブログなどでも記事にしている『親子で楽しめる・季節を感じる遊び』をご紹介します。この時期限定の遊びかもしれません(笑)


落ち葉キャッチ遊び

落ち葉キャッチ


言葉の通りなのですが(笑)落ちてくる落ち葉をキャッチする遊びです。手でキャッチでもいいし、写真のような使い捨てのカップや紙袋などでもできます♪ひらひらと落ちてくる落ち葉を見つけ、落ちてくるポイントを見極めてキャッチする。案外、大人でも難しくて親子で一緒に楽しめます。そして、子どもは永遠と遊べます。

(注)見上げることが多くなる遊びですので、周りに自転車や人が来ない広い公園で楽しんでくださいね。

落ち葉キャッチ


いろんな色の落ち葉が集まりました♪色も違うし、形もちがう葉っぱ達です。休憩しながら「色分け」や「形わけ」して遊ぶのもオススメです。落ち葉の中にはどんぐりが交ざっていたり、虫さんたちがいたりと発見もあります


感受性を育む

きれいね~。可愛いね~。おもしろいな~。きもち悪いな~。この色好き~。私には赤見える~♪

これは嫌い~。サラサラしてるね~。ザラザラしてる~。いい匂い~。臭いな~。ぼくにはオレンジに見える~♪

いろんな感じたことを子ども達は言葉にしてきます。見て、触って、肌で感じとった言葉です。感じた気もちをそのまま言葉にしてみることで感受性を豊かにします。


親子で気もちを共有する


感じた気もちを一緒に共有する時間。もし、お母さんがゆっくり落ち葉を見ながら切なくなってジーンと涙が出そうになったとしたら、それも伝えてOK。親が子どもに、良い感情の言葉だけを伝えないといけないことはありません。

  • 「ママはなんだか悲しい気持ちになったなぁ~」
  • 「お母さん、涙が出そうな気持ちだよ~」

そんな言葉も出しても良いのですね。ママがいろんな気もちを表現して言葉にしてくれることで、子ども達はいろんな感情を自分の中に持つことが出来るようになり、いろんな気持ちを持っていていいのだなと自分の中で思えるようになります。

ありがたいことに、日本には四季がありますね。その季節にしか見られないものや、感じるものもたくさんあります。ぜひ、そんな四季を親子で一緒に肌で感じる時間を体感してみて下さい。教科書にも無いけど、答えもないけど、感情や気もち、心を育む時間になります。

「心を育む」「心を育てる」と聞くと、難しそう...私には出来ないかも...と思われるかもしれないですが、遊びの中の日常で出来るのを知ると分かりやすいですよね。良かったら、親子で!ご家族で!楽しんでみてくださいね♪








-子育て
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ママの心が軽くなるとうまいく子育て☆おやこはうすSora~空~☆心理カウンセラーおかもとゆきこ☆大阪 和泉市 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.