子育て 思春期

「学び」の多様性

投稿日:2020年5月28日 更新日:

オンライン授業

この春から大学1回生の息子(下の子)。入学式もなしで、各学科ごとの説明会が数時間あっただけのスタートから、前期すべてオンライン授業だそうです。

新型コロナウイルスの影響で、随分とオンラインが浸透しました。「オンライン飲み会」がZoomで開催されたり、少し前にはなかった発想やアイデアが広がりましたね。大学のオンライン授業はどんな感じになるんだろう?と興味があって、息子の部屋をのぞいてみるとこんな様子でした。

おやこはうすSora~空~

講師の先生の講義を聞くスタイル。自分の姿は見えないので、非常にリラックスモードで受けてました(笑)みんな、それぞれにラフな感じで受講出来るという気楽さは良いですよね。〔オンライン授業〕→〔課題の提出〕という流れに、なかなか忙しそうですが、オンライン授業は本人には合っているそうです。

多様な「学び」の選択

小・中・高の休校も少しずつ解除されて、最近は週1の短時間登校などになってきました。6月からは三密に気をつけながらの毎日登校。学校へ行ってくれるのはうれしいけど、心配や寂しさもある...とママ達からの声が届いてます。

コロナがあって、いろいな登校方法がありましたね。週1、時間差、自宅オンライン。うちの子どもにはこれが合ってるな、などの発見もあったかもしれません。

少しタイトルにお話しを戻すと。
コロナの前から、週1回ペースで学校にいっている子もいます。学校へ行くことが向いていなくて不登校と言う選択をしている子、色々な理由があって行けない子どもさんもいています。他には、毎日登校スタイルではない学校へいっている子もいています。

「学びの多様性」

一人ひとりが自分に合った学びの方法を選べる選択肢があることで、子ども達の学びの幅が格段に広がります。親や家庭以外での学びは、子ども達の心の成長を豊かにしてくれます。

週1の登校もいいね
オンライン授業もいいね
自分に合う学校に行くのもありあり!

どんな状況の子ども達でも学べる多様性の環境が、この機会に浸透してほしいなと思います。

おやこはうすSora~空~

わが家の息子は、このステイホーム期間に窓につっぱり棒を設置し、スマホホルダー付けて自由自在の角度でスマホを見れるようにしていました。自分がどのようにしたら快適に過ごせるかを自分で整える。これも、良いことだなと母は見守っています。


-子育て, 思春期
-, , , , , , ,

Copyright© ママの心が軽くなるとうまいく子育て☆おやこはうすSora~空~☆心理カウンセラーおかもとゆきこ☆大阪 和泉市 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.